まずは運動をして、それから無理しない程度のしょくじせいげんをします。

基礎代謝をあげて脂肪の燃焼率を上げるためまずは、筋トレのような運動を一生懸命に始めようと思っています。軽く毎日ランニングをしたり、肩甲骨まわりの運動で胸のあたりの筋肉をつけたり、腹筋などをしてお腹まわりの筋肉をつけようと思います。それをすることで筋肉は重いので一時的に体重は増えるのではないかと思いますが、基礎代謝が上がります。それをすることで脂肪が燃えやすくなるので、次に食事制限をしようと思います。間食はまずしない。そして野菜をしっかり摂り、朝昼晩3食きちんと食べます。脂肪や糖分は栄養的に摂らなくてはいけない最低限のところまで抑えようと思います。食事を抜いたりすることは、逆に後で何かを口にしたときに血糖値を急激にあげてしまうことになり、糖尿病に繋がったり貧血に繋がったりと身体に良くないのでやめます。また、食事をするときは、血糖値の上昇や消化器を中から保護するために食物繊維から食べることを心がけようと思っています。こんな風にダイエットを進めていく予定です。妊娠線は消せる!?早めの対策で綺麗に消せる。おすすめクリームはこちら

ウォーキングプラス炭水化物を控えめダイエット

普通に食事をしていると、今までは体重が変わらなかったのですが、年齢とともに、今年に入り、少しづつ着々と脂肪がお腹についてきて、普段着であれば気にならないのですが、バレエでレオタードを着ると、クッキリハッキリと体のラインがわかり、体型が全体的大きくなり、周りにすらりとしたバレエ体型の方がおられるとなおさら、自分の姿を見て悲しい気持ちになります。バレエをするのに、体が重いからウォーキングは、歩くだけで筋力がアップされ、基礎代謝もあがりダイエットにつながります。歩き出す時は、親指で踏み出し、かかとから着地すること、背筋を伸ばし、胸を張り、足を意識しながら歩くことで姿勢が良くなり綺麗に歩けます。特に痩せたい部分を意識して「今、その部分の脂肪が燃焼している」と意識イメージしながら歩きます。のんびりと景色を見ながら歩くのではなく、普段歩くペースよりもダイエットをしているという意識を持って速いスピードで歩きます。低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法で、炭水化物(糖質)の摂取を制限することで、ダイエットや体質改善の効果があります。肥満は急激な血糖値の上昇によって起こるので、血糖値をコントロールすることにより太りにくくします。炭水化物(糖質)の多い食材(白米、パン、麺類、イモ類、果物、砂糖の入ったお菓子、清涼飲料水など)を制限します。おかずや野菜はどれだけ食べても良いという非常にシンプルなダイエット方法です。炭水化物を”完全に抜く”のではなく「制限する」という意味なので、炭水化物は1日の必要量までなら食べて大丈夫です。ナイトアイボーテをAmazonで探してみました。